FC2ブログ

| Home |Next
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
『それは、世界を救う恋!』配信中です♪
早いものでもう3月!
そろそろ桜のたよりが聞かれる時期になってきましたね。
日々暖かくなってくるのが嬉しいです(^^)

さて、今回は久々の「小説花丸」さんの新連載のお知らせです。

『それは、世界を救う恋!』

第1話が8日から、
各書店さんでも配信開始されます(^^)

困っている人を助けたいという正義感は人3倍、
漢気があってまっすぐな気性の元ヤンの勝利ですが、
自分の進むべき道に悩み、迷走してしまっています。
そこに突然現れたのが、ネコ耳・ネコ尻尾を持った、
もふもふの美少年・みくる。
みくるは勝利が子供のころにプレイしたゲームのキャラクターで、
ゲーム世界の中でずっと勝利が戻ってくるのを待っていた健気な子です。
そして今、なんとそのゲーム世界に危機が!?

という展開に、今後なっていきます。
自分の信念がちょっと揺らぎつつあった勝利と、
弱い自分を好きになれなかった泣き虫のみくる。
2人がいろいろな経験を経て深くつながり、
お互いを大切に想いあうことで成長していく、
愛と癒しの感動物語…!になっているかどうかわかりませんが(汗)、
とにかくそういうものを目指して書いてみました(≧≦)

「異世界トリップを」というのは担当さんからの
ご提案だったのですが、
こういう話は期待されてなかったと思います(苦笑)。
私の発想だとどうも受ちゃんが人外になってしまい、
「異世界」はゲームのほうに行ってしまうのですね(^^;)
ちなみにゲームをまったくされない方でも、
ぜんぜん大丈夫です!
可愛らしい動物の村が舞台になっていますので、
ほのぼのと読んでいただけると思います。
作者とにかくみくるが好きで好きで好きで(><;)
(すみません、3回も言っちゃいました^^;)
これまでも結構可愛い受ちゃんを書いてきましたが、
この子がまた相当に可愛いのです!
一人称も「ボク」だし(≧≦)

そして今作では、はじめての試みをしています。
「交互視点」です。
受と攻、章ごとにそれぞれの視点で進んでいく構成ですね。
投稿時代から、なんとなくずっと
交互視点は避けてきました。
投稿していた花丸新人賞さんが
交互視点をあまりおすすめされなかったという理由です。
以来ずっと一貫してどちらか一人の視点で通してきましたが、
今回は異世界もの、
2人が別々の世界にいるのが長いので、
交互のほうが書きやすいのかな、とトライしてみました。
ちゃんと読みやすくなっているといいなと思います。

表紙イラストは、三ツ矢凡人先生が描いてくださいました!
とにかくみくるが可愛くて可愛くて可愛くて!!!
(また3回言っちゃいました、すみません^^;)
あっもちろん勝利もかっこよくて!!!(><;)
理想以上の表紙にうっとりでしたーーー(TT)
ちょっと表紙のご説明をさせていただきますが、
真ん中の2人が人間化したみくると勝利、
左上は10年前のゲームキャラのみくると子供のころの勝利になってます。
そして右下の何か不穏なところに、
何やらかっこよさそうな人がいるの、
おわかりいただけますでしょうか?
なにげに三ツ矢先生の愛がこもっているように感じられる、
この人が2人の間に危機をもたらす人、になっています。
第1話では出てこないのですが、
今後注目していただけると嬉しいです(^^)

このお話、おそらくこれまで書いた作品の中では最長で、
420枚くらいあると思います。
5回連載になると思いますが、
最後までおつきあいいただけましたらこの上ない喜びです(≧≦)
2話以降の配信などにつきましては、
またツイッターでお知らせさせてくださいね。

こうして新しいお話を連載していただけますのも、
お読みくださり、応援してくださっている
読者さまのおかげです!
心から感謝しております(TT)
応援のお言葉を励みに、
これからもマイペースでがんばりますね!

続きから拍手お返事です♪
... READ MORE
スポンサーサイト
お知らせ】 | top↑
オメガバース配信予定、その他お礼です^^
インフルエンザの流行が去年を越えそうな勢いですね(><)
毎日すごく乾燥しているし、まだまだ流行は続きそうです。
皆さんもどうかお気をつけて(;;)

さて本日は、電子書籍配信予定のお知らせです。
2月1日にシャレードパール文庫さまから
オメガバースの書き下ろし長編を配信していただきます。

『運命の恋はらいおんと。~意地っ張りオメガの理想の結婚~』

あらすじは見ていただいたとおりの感じです。
大事な弟妹のために玉の輿を狙っている主人公の麗斗は、
自分の伴侶にはお金持ちのアルファしか考えていません。
けれど、『運命のつがい』である沢木と出会ってしまって、
自由人の彼とはつがえないと思いながらも
どんどん惹かれていってしまい…というお話です。

あとがきにも書いたのですが、
私がオメガバースで惹かれるポイントは2点、
『身分差』と『運命のつがい』です。
今作では『運命のつがい』をテーマにしてみました。
運命で結び合わされた2人はたとえどんなに離れようとしても
互いに愛さずにはいられないのではないかしら…
いやーんなんてロマンチック!(><;)←バカ
なんて思いながら書かせていただいたお話です。
自分にとって本当に大切なものは何なのか、
いろいろと悩みながら麗斗が気付くまで、
見守っていただけたら嬉しいです。

私が一番最初に読んだオメガバースは相当前、
お友達に薦められた黒バスの二次創作でした。
その後なんとなく読まないできてしまったのですが、
お知り合いがエブリスタさんで書いてらっしゃったお話を拝読して、
ああ、こういう設定なのか、面白いなと思って。
ちょうどそのころ友人もオメガバースに興味を持っていて、
お薦めのご本を教えてもらって読んだり、
シャレード文庫さんで連続刊行されていたご本を、
勉強のために拝読したりして、
自分でも書いてみたいなーってなりました(≧≦)
書かれる作家さんによって、
同じオメガバースでも本当にいろいろな世界になるのですよね。
正直濃厚な濡れ場は下手っぴぃなのだけど、
私なりのオメガバース書いてみようかな、
と楽しく挑戦させていただいたのが今作です。
運命の愛しいひとと結ばれるよろこび、
大切な人たちといられるしあわせみたいなのを
少しでも感じていただけたらなと思います。

イラストを描いてくださったのは、秋吉しま先生です!
先生の絵が大好きなので本当に嬉しくて(TT)
麗斗は美しいわ、沢木はかっこいいわ、
らいおんさんは可愛いわでもう大感激です(;;)
そして皆さま、ものすごく重要なことなのですが、
なななんと中にも挿絵が2枚入ってます!
秋吉先生の素敵すぎるイラストが中にもあるのです(><;)
↑非常に大事なことなので二度言わせていただきましたw
ぜひぜひご覧になって、うっとりしていただきたいです(^^)

各電子書店さまでは予約も始まっており、
公式さまでは立ち読みもUPしてくださっています。
そのうちお試し読みも始まると思います。
結構長く切り取っていただけると思いますので、
またツイッタ―でお知らせさせていただきますね。
パール文庫さまのために想いをこめて書き上げた
あったかいお話です。
何とぞよろしくお願いいたします。

ルチル文庫さんの1月刊
『貴公子司書の溺愛ライブラリー』のほうも
ご購入のご報告、ご感想などいただき
本当に感謝の気持ちでいっぱいです!
コミコミスタジオさまではまだ特典付きもありますので、
引き続きよろしくお願いいたします(≧≦)

またツイッタ―でもお知らせしましたとおり、
ちるちるさまのBLアワード2019小説部門に
『嫌われ魔物の大好きなひと』を
ノミネートしていただいています。
本当に光栄で、信じられない思いでいっぱいです(TT)
応援してくださった皆さまには心より感謝申し上げます。
投票は2月11日までのようです。
拙作に限らずBL界を盛り上げるためにも、
皆さまの貴重な1票をお薦めの作品にぜひ(^^)

1年で一番寒い時期も、
もうちょっと我慢すれば終わりでしょうか。
どうぞあたたかくしてお過ごしくださいね!
長いブログをお読みいただき
本当にありがとうございました(^^)

拍手ありがとうございます。
いつも励まされています♪

お知らせ】 | top↑
『貴公子司書の溺愛ライブラリー』刊行予定です^^
新しい年が明けて早くも10日近くたちました。
1年でもっとも寒い時期に入り、
インフルエンザも流行っております。
皆さん、あったかくして体調お気をつけくださいね。

今日は嬉しい新刊のお知らせです。
今月の18日にルチル文庫さまから
新刊を刊行していただく予定になっております。

『貴公子司書の溺愛ライブラリー』
(↑クリックしていただくと公式さんに飛べます)

タイトルに『司書』と入っているのでおわかりかと思いますが、
図書館が舞台のお話になります。
デビュー文庫『Life is Beautiful』も図書館のお話だったのですが、
今回の図書館は公立図書館ではなくて、
民間運営のちょっと(かなり)変わった図書館です。
カフェっぽい感じでティータイムを楽しめ、
ステキなアドバイザー司書が本の相談に乗ってくれる、
そんな図書館、あったらいいなと思って書いてしまいました^^;

図書館大好きな主人公の愁は、
その華やかな図書館の館長・都築と出会い、
本好きなところを買われてリクルートされるのですが、
とても自信がなくて迷ってしまい…という感じのお話です。
自分の居所を見失っていた愁が、
都築に助けられながら自信を取り戻し、
自分自身に期待できるようになるまでの
成長ぶりを見ていただけましたら嬉しいです。
そしてもちろんときめくラブのほうの成長も!(≧≦)

お仕事や家事でお疲れになった夜に軽く読んでいただける、
甘めのお話になっています。
ルチル文庫さまで出していただいたお話の中では
一番「ほんわかスイート」(?)かなと。
そして何よりカワイチハル先生のイラストが
本当に素晴らしいのです!
カラーも挿絵ももううっとりものですので、
ぜひぜひご覧いただきたいです!

特典につきましては以下のとおりです。

☆コミコミスタジオさま
・小冊子
 攻視点。ラブラブな2人がケンカ?
・SS付イラストカード
 攻視点。2人のクリスマス。

☆電子特典SS
 受視点。攻の元カレ登場。

コミコミスタジオさまはじめ、
各書店さまでご予約を受け付けていただいています。
紙文庫でも電子でも、
お好みのほうでお手に取っていただけましたら
本当に嬉しいです!

かく言う私も図書館大好き人間で、
地元公立図書館にちょくちょく通っています。
作中ではちょっと感じの悪い館員さんも
登場したりするのですが、私の通う館は
本当に職員さんもスタッフさんもいい方ばかりで、
1日中そこで本を読んでいられたら幸せだろうなーと思います。
最近は小説を買って読む方も少なくなっていると耳にしますが、
空いた時間にちょっと図書館に寄って、
小説じゃなくてもいいから気になる本を選んで、
ゆっくりまったりと読書を楽しまれる人が
ちょっとでも増えればいいなと思っています。

あっ、最後はまた図書館推し発言になってしまいました^^;
本好きの方が増えればいいな、という思いもこめてお送りする
『貴公子司書の溺愛ライブラリー』、
何とぞよろしくお願い申し上げます。

前の文庫『嫌われ魔物の大好きなひと』が出たとき、
「もう紙の文庫本はこれが最後になるかもしれない」
と書きましたが、そう思っていたのは本当です。
実際、その後の文庫本の予定はありませんでした。
こうして次の本を刊行していただけるのは、
ひとえに読んでくださり、応援してくださった皆さまのおかげです!
本当に、本当にありがとうございます(TT)

これからも1作1作、
「これが最後になるかもしれない」という気持ちを忘れずに、
「最後になっても悔いはない」
そんなふうに思える作品を書いていければと思っています。

長めのブログをお読みいただき
ありがとうございました^^
新たな情報はまたツイッタ―でつぶやかせていただきますね♪

拍手いつもありがとうございます!
お返事はツイッタ―ですることもありますので、
ちらっと見ていてくださると嬉しいです(^^)

お知らせ】 | top↑
今年もお世話になりました(^^)
えっ、もう年末のご挨拶!? 
とびっくりしてしまうくらい時の経つのが早いです(汗)
なななんと、2018年もあと1日で終わり!
年齢を重ねるごとに、
あっという間に時間が過ぎ去っていきますね。
人生の残り時間を、悔いのないように過ごしたいです。

さて2018年も、たくさんの方に
たくさんたくさんお世話になりました!
本当にありがとうございました(;;)
ここで毎年恒例、
今年配信・刊行していただきました作品を
思い出とともにご紹介させていただきたいと思います(^^)
タイトルをクリックしていただけるとリンク先に飛べます。

『ガラス瓶の中の船』
(小説花丸・2017年11月~2018年1月配信)

まだ紙媒体だったころの花丸新人賞で、
初めてベスト7賞に入れていただいた作品を大幅改稿した
とても思い出深い作品です。
当時、発表ページを見たときには信じられず号泣、
その夜は家族でお祝いの外食、友人にメールしまくり、
夢でありませんようにと祈りながら
発表雑誌を抱いて寝たことを思い出します。
その時点でけっこうな回数落選を重ねていたので、
初めて「賞」というものをいただけたことで
「まだがんばってみよう」と勇気をもらえました。
そして、それまでは漠然としていたけれど、
自分の中で「こんな感じの書いていきたい」みたいな
方向がちょっと見えてきた、記念の作品でもあります。
配信していただくにあたり改稿のため読み直したのですが、
びっくりするほどあらが目立って、
それがわかるようになった分だけ
少しは成長したのかなと嬉しくなりました。
当時はこれが最高傑作だったんだー(愕然)と(^^;)
この年齢になっても、成長、まだ少しでもできるんだなと
希望も持てました。
ちなみに攻の新田はわりと私のタイプだったりします(笑)

『恋愛不安症の孤独~きみがくれたぬくもり辰哉編~』
(小説花丸・2~5月配信)
ツイッタ―でもしつこく何度も宣伝させていただいているので
ご存知の方も多いかもしれませんが、
本編『きみがくれたぬくもり』がとにかく大好きで(^^;)
その中で受をいじめる意地悪な意地っ張り従兄の
辰哉にも妙に愛着があって、
幸せになってほしいなと思っていました。
担当さんにその辰哉のスピンを「書いてみません?」と言っていただけたときは、
本当に嬉しかったです。
これも本編をお読みくださり、
応援してくださった方のおかげと思っています!
本編とともにこのスピンも、
私にとってとても大切な作品になりました。
攻の与謝野は久々のスパダリ、溺愛キャラでしたね。

『嫌われ魔物の大好きなひと』
(ルチル文庫・9月刊行)
「次はどんなお話を書こう」と思い悩んでいた時期がありました。
まさに崖っぷちに立っている心境で焦りながら、
とにかく読者さまにお手に取っていただけるものを、
甘くて、溺愛で、エロくてBLっぽい、そして何よりも旬なネタ!
とか、考えに考えて、
でもなかなかイメージが湧いてこきてくれなくて。
ちょっと軽いスランプみたいになっていたときに、
悩み過ぎたあげく
ふっと目の前の霧が晴れる瞬間がやってきました。
「もういいじゃない。書きたいものがあるなら、
それ書こうよ! 全部失ったらまた投稿生活に戻ればいい。
初心に戻って、書きたいって思うお話を、
情熱をこめて楽しく書いてみようよ!」
そうして作ったのがこのお話のプロットでした。
ボツになるのを覚悟で担当さんに見ていただき、
OKいただけたときにはとにかく嬉しくかったです。
それでも刊行していただける段になると、
とても不安でびびりまくっていました。
あまり起伏もなく地味で、つらいシーンも多くて、
絶対こんなの求められてない(;;)
「甘いお話が読みたい」というご要望も結構いただいているので、
はたして喜んで…いえ、まずは読んでいただけるのだろうかと。
それが思いがけなく、
多くの方に読んでいただけ、ご感想をいただけて、
信じられず感無量の一言です(TT)
あのスランプのとき、真っ白なネタ帳を前に
何時間も懊悩して、みたいな時間を過ごさなかったら、
この作品は書かなかったかもしれない。
だから苦しんだことにも悩んだことにも、
やっぱり意味はあったと思うのです。
書けて本当によかった。嬉しかったです。
本当にありがとうございました。

ということで、今年も2作の電子書籍と
1作の文庫本を配信・刊行していただけました。
本当にありがたいことです!
担当さま、素晴らしいイラストをくださった先生方、
そして何より読者さま、
たくさんの方に、心から感謝申し上げます!


年の終わりのブログということで、
来年の目標も立てたいと思いますが、
これも例年どおりです(^^)

『自分レベル傑作を1作以上書き上げること』

それを目指して書いていく中で、
また皆さまに読んでもらえる機会をいただければ
こんなに嬉しいことはございません。

そういえば、私の尊敬する人が言っていました。
目標はいくつももっていたほうがいいって。
ひとつ達成したら、また次の目標にすぐに向かえるように。
ゆっくりでもいいから、
常に夢に向かって歩き続けられるように。

なので、来年はもう一つ、具体的な目標を
立ててみようと思いました。
考えに考えて、
『商業作品30作達成』
ということにしたいと思います(^^)

でもこれは来年だけではちょっと無理な数字なので
(今電子・文庫あわせて25作です・汗)
オリンピックの年まで2年かけて、ということに
したいと思います。

来年もまた、皆さんにお読みいただける機会があるように、
体調と相談しながら、楽しく、情熱をこめて
1作1作を大事にしながら、書き続けていきたいと思います。
引き続きよろしくお願い申し上げます(^^)

それでは皆さま、よいお年をお迎えください!
来年も、皆さまやご家族が笑顔でいられますように♪

ご挨拶】 | top↑
Jガーデン45に参加予定です♪
朝晩はめっきり涼しくなって、
秋もいよいよ深まってきた感があります。
秋、10月といえば、
今年もJ・ガーデンが間近に迫ってまいりました。
今日はそのお知らせをしたいと思います。

10月21日に池袋サンシャインで開催されます
Jガーデン45に、
伊勢原も参加します(^^)

サークル名「ぬくもりLAND」
スペースはBホール・し05aになります。

当日の販売・配布物は以下のとおりです。

《新刊》
「きみとぼくのぬくもり」(32P・200円)
 小説花丸「きみがくれたぬくもり」と
「恋愛不安症の孤独~きみがくれたぬくもり辰哉編」
の後日談。
辰哉の誕生日を祝おうと与謝野が連れて行ってくれた
レストランには、なんとメイと斎賀が待っていて…。
Wデート?のお話です。

「ある晴れた日に…」(28P 100円)
ルチル文庫「さよならガラスの恋心」と
「嫌われ魔物の大好きなひと」の後日談。
「さよなら」は10年ぶりに故郷の島に帰る夏季。
「魔物」は青と正人が最期を迎えるときのお話になります。

《既刊》
「sweet sweet days」
ルチル文庫「二度目のはつこい」「郵便配達人は愛を届ける」
シャレード文庫「雪だるまは一途に恋をする」の番外編。

「Priceless Love」
オリジナル、リーマンもの。

「君とみる夢~forever dream」
オリジナル、再会もの。

《無料配布》
「嫌われ魔物の大好きなひと」のSSペーパーと、
墨谷佐和先生の
「人気俳優と子育てすることになりました。」
のSSペーパー。
なお、墨谷先生ご本人は
楠田雅紀先生のサークル(ひ19b)
にいらっしゃいますので、
先生ご本人から受け取りたい方はそちらで♪

薄っぺちぃ新刊になってしまいましたが、
表紙が素敵なのでなかなかいい本になりました(≧∀≦)
新刊も無配もいつも大量に余りますので、
お目当てのサークルさんを回ってから、
ゆっくりおいでくださいね。
ひったくるようにペーパーだけ取っていっていただいても
もちろん嬉しいです(≧∀≦)
ただいつもながら体調の関係で
14時には撤退させていただきますので、
よろしくお願いします。

相変わらず心身ともに虚弱で
体調次第でどうなるかわからない私ですが、
(何しろ池袋まで電車乗るのは1年ぶり・汗)
今週は体をいたわって
当日笑顔でお会いできればと思っています。
売り子嬢と私が並んでいるともしかしたら
売り子嬢の方が「伊勢原ささら」に見えるかもしれませんw
到底弱々しく見えず、鋼の自律神経持ってそうな、
しまむ〇の服着た大女が私ですので(^^;)

それでは当日、元気でお会いできますように♪

続きから拍手お返事です(^^)
... READ MORE
お知らせ】 | top↑
| Home |Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。